住宅ローンを賢く借りるコツ

住宅ローンに関する基本

住宅ローンとは

住宅ローンとは普通のローンとは違うのでしょうか。そもそも住宅ローンとは何でしょうか。これはその名前からもわかりますが、住宅を購入するための資金を借りるものです。つまり投資目的での不動産の購入や事業用の物件の購入のために利用することは出来ません。わかりやすくいうならば住むための住宅を購入するという場合であればどんな物件でも住宅ローンを利用することができます。

新築の物件を購入するときはもちろんですが、中古の住宅を購入する場合でも条件さえクリアで繰れば借りることが出来ます。

どんな条件があるかといえば、購入する予定の住宅が築後どれほど経過しているかという点です。建てられてからあまりにも期間が経過してしまっている物件の場合、購入後に使用できる期間が限られることが予想されるのでローンが認められない場合があるのです。例えば築40年の住宅を購入したい場合に35年のローンを組むということはほとんどの場合無理ですのでこういうケースでのローンを検討することは無理です。

では建物がまだ建てられていない土地を購入するために住宅ローンを借りることは可能なのでしょうか。前提として家を建てるための土地であるという場合には住宅ローンが認められることがほとんどです。しかし土地を購入してからしばらくは駐車場にして営業し、それから住宅を建てたいという場合には審査が通ることはありません。

通常は土地の購入後1年から2年以内に住宅を建てることを条件に貸し出しが行われますので、違う目的で土地を使ったことがわかった場合には取り消しになることもあります。