住宅ローンを賢く借りるコツ

住宅ローンに関する基本

リフォームと住宅ローン

最近では住宅を建て替えるためにローンを組みたいという人も増えているせいか、リフォームを対象にしたローン商品が登場してきています。

このリフォームローンは無担保で借りることの出来るローンの一種ですが、基本的には普通のローンと同じ扱いになりますので借り入れできる期間が10年から15年と短い設定になっているものがほとんどです。当然借り入れできる期間が短いということは返済に必要な一回あたりの金額が大きくなってしまうということです。

また金利も変動金利になりますので、将来金利が上昇するリスクのある商品ということにもなるでしょう。もし今住んでいる住宅をリフォームするために組むのであればこのリフォームローンを利用することになります。

しかし、これから購入する住宅に関してリフォームするというのであれば話は変わります。もちろん新築の物件を買ってリフォームするという人はごくまれかもしれませんが、中古の住宅を購入してリフォームしてから住むという方は結構おられるかもしれません。この場合、住宅ローンとリフォームローンを別々に借りるよりも、銀行によっては購入金額とリフォーム金額の合計金額をすべて住宅ローンで借りられるようにしてくれるところもあるようです。そうするほうがかなりメリットがあるでしょう。

例えば別々にローンを組むならそれぞれ別の金利が適用されますので当然返済金額がかさみますが、住宅ローン一本で借りるのであれば低金利で借りることが出来ます。また借り入れ期間も最長で35年まで延ばすことが出来ますので毎月の返済金額を低く抑えることも可能です。また借り入れ手数料なども別々に必要になるところが1つだけですみますのでお得になります。それでこれから住宅を購入してリフォームをお考えの場合はこのような方法も選択できるかもしれません。