住宅ローンを賢く借りるコツ

住宅ローンに関する基本

夫婦別に控除する

住宅の購入にもいくつかの方法がありますが、最近では購入する物件を夫婦の共有名義で購入するという人も増えてきているようです。共働きの夫婦がごく普通になってきた現在では購入した住宅の返済も夫婦で行うことになりますので名義も二人にしてしまおうという流れは十分理解できます。

また夫婦名義で住宅を購入する場合は住宅ローンの借り方や共有部分の設定などにバリエーションを持たせることも出来ます。逆にこの設定を間違えてしまうと夫婦の両方に贈与税がかけられてしまったり住宅ローンの控除額が少なくなってしまうなどの問題も生じてきますので注意が必要です。

また夫婦で名義登録をするのであれば後のことを考えて実際に支払いの必要な部分にそれぞれの名義を割り振りすることが望ましいといえます。というのは実際の資金の流れと違うところから資金が調達されたというふうに認定されてしまった場合、贈与税が発生してしまったりして後の争いの問題になりかねないからです。

住宅ローンでの控除を行いたい場合は、夫婦共有名義の場合はそれぞれが確定申告を行うことが出来ます。しかし住宅ローン控除を利用したいのであれば、夫婦の双方がそれぞれ主たる債務者としてローンの契約をすることが必要になります。つまり返済義務を双方が負っているということをしっかりと確定しておくことが必要です。

この連帯債務者と間違えやすいのが連帯保証人です。同じ合計金額のローンを借りるとしても、夫名義で全額を借りて妻が連帯保証人になってしまうと、控除できるのは夫のみになります。しかし必要なローンの金額を半分ずつそれぞれの名義で借りるとそれぞれの控除ができるようになります。これを間違えないようにしましょう。