住宅ローンを賢く借りるコツ

住宅ローンに関する基本

買い替えローンについて

住居の購入はいろいろな事情で必要になります。家族が増えてきたので今のところでは手狭になり建て替え引越しが必要な場合があるかもしれませんし、マンションに住んでいる人が一戸建ての住居に引っ越したいと思うようになるかもしれません。場合によっては転勤になったためいやおうなく転居を迫られるという場合もあるでしょう。

いずれにしても賃貸の状態から購入する場合は新規で住宅ローンを組むということになりますが、現在住んでいる住居が購入した物件で、引越し先も購入するとなると気になるのが新しい物件を購入するときの費用でしょう。今の住居のローンが支払い完了の場合は問題ありませんが、まだローンを支払っている最中という場合はどうなるのでしょうか。

ここで登場するのがこの買い替えローンです。銀行によって表現に少し違いはありますが、今住んでいる住居のローンを返済して新しい物件のローンを組む必要がある場合に利用するのがこの買い替えローンになります。

買い替えローンでは新しい住宅の費用はもちろんですが今支払いの残っているローンの返済の分も借りられるのが特徴です。近年では不動産の価格の下落が進んでいるため、購入したときよりも査定額が大幅に下がってしまい、現在の住居を売却してもまだローンが残ってしまうということも多々あるようですが、この売却損を含んだ金額を新しく借りられるのが特徴です。

買い替えローンを検討される場合には現在の住居の売却の手配が必要になりますので不動産会社の協力がどうしても必要になります。その関係もありますので出来るのであれば現在の売却する不動産と新しく購入する不動産の扱い担当者が同じほうが余計な手間がかからずにいいかもしれません。