住宅ローンを賢く借りるコツ

住宅ローンに関する基本

買い替えローンと審査について

売却損のある物件を処分して新しくローンを組む場合、どうしても借り入れ金額は前よりもかさんでしまいます。当然返済金額は現在よりも多くなります。それで審査を通すためにはより有利な条件でなければ通りにくいかもしれません。それでローンを組む場合には審査比率を高くしてくれるところを選ぶのもひとつの方法です。

買い替えローンの審査基準は実際には一般的な住宅ローンと同じだと考えても差し支えありません。つまりこれまで利用してきた住宅ローンの審査基準よりも有利な基準で融資してもらえる可能性はあまりないと考えたほうがいいでしょう。もちろん状況の変化にもよりますので、有利になっているケースもあるかもしれません。

例えば最初のローンを組んだときよりも年収が増えているとか、勤務先が変わって大手の企業に就職できているとか、公務員になったとかいう場合はより有利な条件でローンを組むことが出来るかもしれません。

逆に現在のローンを組むときにあまりいい返事をしてくれなかった金融先などはより厳しく審査されると考えておくほうがよいでしょう。というのは買い替えローンの場合は住宅ローンのときよりも返済比率を低くして審査することが多いからです。

逆にいえば返済比率の高くしてくれるところを探せばそれだけ有利にローンを組むことが出来るかもしれません。また審査金利が低いほうが審査は通りやすくなりますのでそれもあわせて考えることが出来るでしょう。また借り入れ側の条件を変更する方法もありますが、それらは状況に応じて相談することが出来るでしょう。