住宅ローンを賢く借りるコツ

フラット35に関する知識

フラット35とはなにか

これまで住宅ローンを利用するに際して、とても大きな役割を果たしてきたのが住宅金融公庫でした。しかし平成19年から名称を住宅金融支援機構と改め、その業務内容も一部変更されました。特にこの中で大きな変更になったのが個人に対する融資枠で、一般の人への融資が公的に行われる手段が大きく失われてしまったということを意味します。

しかしその代わりとなる融資が設けられました。それがここで考えているフラット35です。簡単に説明しますとフラット35とは、公庫と民間が連携して住宅購入のための融資を支援してくれるというものです。受付は民間の窓口で行われ、その後公庫が債権を買い取ることで資金を民間金融会社へ返還するという形になっています。

実際には公庫から資金を融資してもらうのと変わらないような感じですが、民間金融業者が窓口になることで手続きが簡単になり、また公庫が資金を返還することで民間金融業者は焦げ付きの心配をしなくてもいいというメリットがあるようです。

このフラット35は公庫が独立行政法人化へ移行するために行われたもので、準備期間として平成15年から始まっていましたが、実際には取り扱いを行う民間金融機関があまりにも少なかったために知名度がほとんどありませんでした。しかし平成19年に住宅金融公庫が解体されると民間での住宅ローンのシェアを獲得するための競争が始まったこともあり、徐々に知名度も増してきました。

現在では住宅ローンのひとつとして本当にメジャーになりましたので、このフラット35についても知っておくことは必要だといえるでしょう。