住宅ローンを賢く借りるコツ

フラット35に関する知識

フラット35のデメリット

このようにいろいろとお得感のあるフラット35ですが、デメリットがないわけではありません。そのこともきちんと理解した上で利用するかしないかを決定することが出来るでしょう。ではフラット35にはどんなデメリットがあるのでしょうか。

まずこのフラット35では融資額に限度があります。それは購入したい物件の金額の8割までしか融資してもらえないということです。つまり残りの2割に関しては別の支払い方法が必要になりますので、頭金を用意したり別のローンを組む必要が生じるかもしれません。もし別のローンを組むということになると結果的に住宅ローンを2種類借りることになりますので当然手数料や諸費用が2倍になります。

また昔よりは手続きが簡単になったとはいえ、まだまだ民間の金融業者で住宅ローンを組むよりは手続きは難しいということもあります。例えば適合証明書という書類の発行が必要になったり、ほかにもそろえる必要のある書類が民間融資よりも多いということがあります。さらに審査にかかる時間も民間での融資に比べると待たされることになりますので、結果が出るまでに少なくとも一週間から二週間くらいは必要になることもあります。

また融資してもらえる日付が決まっているためにこちらの都合に合わせて融資してもらえるというわけではなく、いつでも自由に売買の契約を結ぶことは出来ません。また繰り上げ返済の手数料が不要な代わりに、返すことの出来る最低金額が決まっていますので、少しだけ繰り上げ返済したいということは出来ません。これらのデメリットも考えた上でフラット35を利用するかどうかを判断することが大切でしょう。