住宅ローンを賢く借りるコツ

審査に関して

年収と審査

ではここからは審査に関することを考えてみたいと思います。審査二巻知る項目はいくつかありますが、大きく取り上げられる三つを考えましょう。それは収入と借金と職業です。

まず収入に関してですが、年収に関する審査があります。一般的にはこれを返済比率といいますが、返済比率とは簡単に言うと年収のうち住宅ローンに当てられる費用はどれくらいの割合かということです。例えばフラット35の場合で考えますと、返済比率は年収の金額によってそのパーセントが定められており、年収が400万円以上だとすると返済比率は35パーセント以下になります。

つまり年収が500万円あった場合は返済に充てられる金額が年収の35パーセントに当たる175万円以内に納まるかどうかということになります。もしこれを12ヶ月で均等に支払うとなった場合の金額は一月あたり約14万6千円弱になります。

もうひとつ関係してくるのが審査金利というものです。これは実際の借り入れのときに発生する金利のことではなく、住宅ローンを審査するときに仮に計算するための金利と言えます。この審査金利が金融業者によって少し違いがありますので、同じ条件で審査してもらったのにある銀行では審査がOKで、別の銀行ではだめだったという違いが生じしまう原因です。

この審査金利が高い金融業者で審査を受けると審査が通りにくくなりますし、労全のことですがこの審査金利が低い金融業者で審査を受けると通りやすいということになります。それで自分の年収と実際に購入に必要な金額と、この審査金利が何パーセントなのかということをあわせて考えた上で融資先を検討することは大切でしょう。

住宅ローン審査の内容を銀行員が解説しているページがありましたよ!↓
住宅ローン審査の通りやすい通らないを銀行員が明かす!落ちる理由は職業年収だけではない