住宅ローンを賢く借りるコツ

審査に関して

職業と審査

住宅ローンを利用する際に審査される項目には年収と借金があるということまでお話しました。三つ目の要素はどれほど信用できる人なのかという点が審査されます。

しかし信用といってもなかなか判断しにくいものですので、多くの場合はこれまでに金融関係のトラブルがなかったかどうか、そして現在の勤務内容は信頼性のある職業や会社なのかという点が判断されることが多いようです。

この点でいえば、公務員や学校の先生などは信用という点では有利かもしれません。公務員の場合は一般的に収入が安定しており、雇用も安定していますし、退職金に関してもかなりの信用度が見込まれます。また職業的にも社会的に見てかなりの信用力があることなどもありますので、金融機関における住宅ローンの審査ではかなり有利に判断されることが多いようです。また世間的に名の通った信頼度の高い大手企業の従業員の場合なども信用があると判断されやすい傾向にあります。

逆に派遣社員や自営業者の場合は仕事上のことですが信用度は低めに審査されやすくなります。もちろん仕事の内容そのものに問題があるわけではありませんが、どうしても安定性という点でマイナス評価されやすくなってしまうのは仕方のないことかもしれません。もちろん自営業の方でも過去の実績等を証明することで審査はきちんと判断されますので、何が何でもだめだと考えることも必要ありません。

また転職を繰り返したり勤務年数があまりにも短い場合実の審査は通りにくくなるでしょう。もちろん転職した理由がきちんと納得のいくものであれば大丈夫ですので、事前によく準備して審査を受けることが必要です。

住宅ローン審査の内容を銀行員が解説しているページがありましたよ!↓
住宅ローン審査の通りやすい通らないを銀行員が明かす!落ちる理由は職業年収だけではない