住宅ローンを賢く借りるコツ

審査に関して

実際に審査するところ

では、これまでは審査の内容について考えてきましたが、ここでは実際にどんな機関が審査を行うのかについて考えてみたいと思います。

住宅ローンを申し込む場合、通常、受付の窓口は金融機関になります。フラット35を申し込む場合でも受付は金融業者になりますので、銀行やそれらの窓口で申し込むことになるでしょう。しかし、住宅金融支援機構以外の機関で融資を申し込んだ場合、審査を実際に行っているのはその窓口になっているところではないということはご存知でしょうか。

つまり○×銀行で融資を申し込んだからといって、実際の審査も○×銀行が行っているわけではないということです。ではどこが審査を行うのでしょうか。

融資を行うのは申し込みをされた金融業者ですが、もしローンの支払いが滞った場合に損をしないために、保証会社の保険に入ります。この保証会社は住宅ローンを支払いが滞った場合に債権者の肩代わりをすることになりますので、実際にはこの保証会社が審査を行うことになります。つまり、窓口になっている金融業者でも、仲介している不動産業者でもなく、第三者の保証会社が関係してくることになります。それで実際に審査が行われた結果融資ができないという結論になっても、銀行も不動産会社もその理由を知ることは出来ません。

当然住宅ローンの申込人にもなぜ融資できないのかを説明することは出来ませんので、銀行で理由を問いただしても、ただ融資できませんの一点張りになるということです。もし融資してもらえなかった場合は理由を推測することしか出来ませんので、その場合は銀行独自で審査して融資してくれるプロパー融資を行っている金融業者にあたってみると理由がわかるかも知れません。