住宅ローンを賢く借りるコツ

審査に関して

審査が通りにくい人

さてここまでで審査される内容と審査を行う会社について考えてくることが出来ました。年収と借金と信用、そして保証会社が関係しているということを説明しましたが、それでも実際には大丈夫なはずの人が融資を断られたというケースも起きています。なぜそのようなことがあるのでしょうか。簡単には触れましたがもう少し詳しく考えて見ましょう。

まず、安定した年収があれば大丈夫かというと一概にはそうとも言えません。年収があっても、過去にローンやクレジットの返済で滞納していた履歴がある人は実際には融資を断られる可能性が高くなります。

個人のクレジット情報や滞納情報は個人信用情報機関というところに一定期間保存されます。そして住宅ローンやクレジットカードでの大きな金額の融資が申し込まれた場合、必ずこの個人信用情報機関に問い合わせが行われます。

もちろん勝手に問い合わせが行われるわけではありませんが、ローンの申し込みの時には必ず個人情報開示についての同意書という書類に署名が求められ、審査されるときに過去の情報が参照されることに同意する必要が生じます。

また別のマイナス要素は勤務年数です。特にこちら側に理由がないのに転職を繰り返すような人は安定した収入が見込めないという判断をされてしまいます。いつなくなるかわからない収入に対して融資をするほどのリスクを抱える金融業者は逆に危ないでしょう。また税金を滞納したことのある人も融資が認められないことがあるかもしれません。社会保険や税金はきちんと納付しましょう。

その他で典型的なのは自営業者ですね。やっぱり審査に通りにくい面は否めないみたいです。

参考に:自営業は住宅ローン審査に通らない? 元銀行員が話す審査落ちで借りられない理由