住宅ローンを賢く借りるコツ

今借り換えローンを使うメリット

借り換えのコツ

では借り換えをするといいのはどんな人なのかという疑問が出てくるかもしれません。ここではそのことを簡単に考えてみたいと思います。借り換えのメリットは何でしょうか。それは金利が下がることによって支払い総額を引き下げることが出来たり、月々の支払い金額を下げることが出来るという点です。

しかし、借り換えをするためにはさまざまな手数料や保証料、また諸費用としては印紙代や抵当権を再度設定するための司法書士への手数料、現在のローンを返済するときに必要な繰上げ返済手数料などが必要になることでしょう。

たとえば民間の金融機関で借り換えローンを新しく2000万円で組んだ場合、諸費用としては約80万円ほどが必要になるという計算です。ですから金利だけを見て一概に安くなるだろうと考えて借り換えを性急にしてしまうのは危険です。借り替えることでいくらくらいが軽減されるのかを確かめて、そこから借り替えた場合に発生する諸費用を差し引いてさらにいくらくらい残るのかを計算してから本当に得をするという結論になるのであれば借り換えをお勧めいたします。

また月々の支払い金額を下げたいので借り換えを検討しているという人の場合、変動金利から固定金利への変更を行うと結果的には毎月の支払い金額が増えてしまうということにもなりかねませんので、金利の上昇に対処するために借り換えを検討しているのであればいいですが、毎月の支払い金額を抑える場合にはあまりお勧めいたしません。

公的機関から民間機関への借り換えの場合は団体生命保険料の支払いが不要になるというメリットもありますので、よく調べてから借り換えを決定してください。